もっちブログ

鶴田浩之の個人ブログ。Labit Inc. founder / Engineer & Designer & Photographer / Keio Univ, Masui InterfaceTechnology Lab.

Category: コラム・エッセイ (page 1 of 16)

株式会社メルカリにジョインしました。

タイミングを窺ううちに報告がずいぶんと事後となってしまいましたが、2017年7月から株式会社メルカリ子会社ソウゾウ社の執行役員に就任いたしまして、メルカリグループ内の経営実務に少しだけ関わりながら、新しいプロジェクト(新プロダクト)の P.O として活動しています。

2017年7月6日(木)、メルカリ4周年記念のレセプションパーティ前に撮影。左から、小泉さん(社長兼COO)、僕、進太郎さん(Founder, 代表取締役会長兼CEO)、松本さん(ソウゾウ代表取締役CEO)

 はじまりは2012年11月、世界一周の旅から帰国されたばかりの山田進太郎さんと、中目黒のリゴレットショートヒルズでお茶していたときに、さかのぼります。「もっちくん、フリマアプリってどう思う?」─ 何気ない会話のなかで質問された一言ですが、約半年後にメルカリというプロダクトが世に産み出され、今や日本を代表するユニコーン企業の代名詞となった企業について、進太郎さんが構想を練っていた頃だったのだろうと、今も鮮明に思い出します。

2016年3月、Labitで「ブクマ!」を作り始めたとき、カテゴリー特化型や、データベースを持ったフリマの可能性や事業構想について、グランドハイアット東京で進太郎さん、取締役の濱田さん、ソウゾウ代表の松本さんと意見交換の機会があったことと、去年6月の京都でのIVSでは「ブクマ!」をLaunch Padで登壇・プレゼンしたときには、小泉さんや松本さんから「どうせなら一緒にやろうよ!」「もっちみたいな、新しい世界観の事業を”プロデュース”できる人は、日本になかなかいない」と、死ぬほど嬉しいお声がけいただいたこともありました。18歳まで地方公立学校に通っていて、九州から一人で東京に出てきて色々やってきた中で、自分が尊敬している人たちに直接仕事に誘われるということが、どれだけ嬉しいことか。

1年前は、「自分たちで、もう少しチャレンジしたい」と決め、「ではそのチャレンジを見守るよ」と言ってもらい、いったんその話は流れることになりました。そして今回、1年前の話の続きとして結論が出ました。

メルカリにジョインしました。

 タイミングを窺ううちに、報告がずいぶんと事後となってしまいましたが、2017年7月から、LabitのFounder兼CEOを務めている私、鶴田浩之を含む、Labitで働いていたメンバーがメルカリに参画しました。僕は新規事業を担っている子会社ソウゾウ社の執行役員にも就任し、メルカリグループ内の経営実務に少しだけ関わりながら、新しいプロジェクト(新プロダクト)の P.O として活動しています。ソウゾウ社は、最近だと、バイクシェアリング=メルチャリの発表などありましたね。これまでLabitで運営していたフリマアプリ「ブクマ!」と、渋谷のコーヒースタンド併設書店「BOOK LAB TOKYO」については、継続予定が確定しており、それぞれ新しい体制下で継続するために準備中です。

ウノウもメルカリも同じく、「世界で使われるインターネット・サービスを創る」というミッションを掲げています。目標があって、それにあわせてテーマを選んでいく流れですね。(山田進太郎さんインタビューより)

http://careerhack.en-japan.com/report/detail/255

僕と山田進太郎さんの「夢」は、ほとんど同じです。世界中のたくさんの人に使われるサービスを作りたい。その夢に至る背景は人それぞれ違うかもしれないけれど、僕もなぜか、たくさんの人に使われる、ということに強い執着心やこだわりがあります。それは10年前、地方の公立中高に通っていた僕が趣味の延長で作りはじめたWebサービスが、インターネットを通じて10万人、100万人と広がっていく強烈な「原体験」を持ってしまったから。あのときの気持ちを、もう一度味わいたい。再現したい。もう虜になってしまったんだ。そして自分の独り占めじゃなくて、一緒に仕事をするメンバーと、あの素晴らしい体験を共有したい。

僕は2年くらい前から、「1億人が使うサービスを作る」ことを20代の自分の大胆なミッションとして照準を定め、毎朝この目標がiPhoneにプッシュ通知で来るように設定をしておいたり、周囲の人に繰り返し話すことで、イメージを膨らませていました。1,000万人までなら、今の自分の実力でもイメージが出来る(2015年にGunosyに売却したゲームエイト社は1年4ヶ月で1,000万MAUを達成)。でも、1億人となると、日本以外でも大ヒットしなければいけないし、自分も今より10倍成長しないと出来ないだろう。少しずつ階段を登るように、僕の成長とLabitの成長は伴走する形で、「次のプロダクトはより大きなことを」、と意気込んでいました。

僕は、もともと起業家気質ということもあったけど、振り返ってみると、就職したいような会社が日本には無かったから、自分で会社を創業したとも言えます。今日、この日本で唯一、自分がこの人のもと(あるいは、この人が創った文化のある企業)で働いて、自分の力を試したいと思う会社があることに気が付きました。進太郎さんは、メルカリを作る前も作った後も、ユニコーン企業になって改めて超有名人になった今も、いつも変わらず、時々サシでご飯に誘ってくれて「もっちくんとはいつか仕事したいね」と言ってくれていました。

 

2012年5月30日 at Labitオフィス|左から、松本君(現Gunosy CTO、元Labit iOSエンジニア)、西尾(現 Gunosy子会社2社の代表、Labit Co-Founder)、小泉さん(メルカリ社長)、前田(元Labit CTO→クックパッド→ 現トクバイ 執行役員)、八木さん(Labit Co-Founder)

今の国内体制のトップは元mixi CFOの小泉さんで、僕がいちばん近い場所で一緒に働くことになる人は、ソウゾウ社の松本さんです。ふたりとも育児休暇を取るということもあって、つい最近、話題になりましたね。当時フリーだった小泉さんは、2012年(もう5年前!)の創業間もないマンション時代のLabit社にサプライズでやってきてくれて、大量のカップ麺やエナジードリンクを差し入れてくれたこともありました(画像)。松本さんとは、ちょうど年齢が10違って、お互い在学中から起業をしていたり、シリアルアントレプレナーとして自分と少しだけ似ているバックグラウンドを感じられて、尊敬するお兄さんのような存在です。毎週のマネージャー1on1では、的確なフィードバックを頂いています。

今回、自分の会社の経営からはいったん退き、「事業のプロデュース」ということに集中できることで、いろんなノイズが取り除かれて、鮮明になります。自分の可処分時間も、悩みも、シンプルになって、すべては1つの成功のためにと思考のベクトルが向いています。

いま26歳になりましたが、僕の20代最後の居場所が決まりました。そういえば、人生で初めての就職ということになるのかな。給与を払う側から、戴く側に変わるというのは、こんなにも違うものなのかと、不思議な気持ちです。母親に電話すると「やっと就職できてよかったね」と皮肉を言ってくれた。僕の20代最後の仕事は「メルカリグループの一員として、メルカリと同じように “世界中の人に使われるサービスを手がける” 」こと。時代のホットスポットに入り、僕の夢を、最速で実現するための決断です。

 

Labitにおいて、2011年の創業時から支援をしていただいた西川潔さん、川田尚吾さん、木村新司さん、永田大輔さん、四角大輔さん、家入一真さん、近藤淳也さん、RSPの西田さん、ありがとうございました。そして創業時から現在までにLabitに関わってくれた方々と、歴代のメンバー全員(数えると100人を超えているかも)に感謝しています。いろんなドラマがありました。みんな、どうもありがとう。沢山わがままを聞いてくれたことに感謝しています。

今回の出来事の整理には、実務面でもう少し時間がかかります。ステークホルダーの皆様には、現在もコンタクトを取らせて頂きながらの中でのブログでの進退の発表について、ご理解いただいて感謝しています。

===

メルカリ・ソウゾウ社では、急成長のために常に新しいメンバーを募集しています。すでに発表しているメルチャリでは実際にハードの試作品を作っていますし、メルカリ社は「メルカリ」だけではなく、今発表されている以上の色々なプロジェクトが水面下で進んでいます。プロデューサー、BizDev、HR、iOS、Android、APIエンジニア(言語問わず)、SRE、QAなど、いずれも大募集中です。海外(特にUS)で活躍したいエンジニアやプロデューサーも常時求人があります。僕の同世代は、そろそろ社会人4年目くらいになって、新しい環境で活躍したいと思っている人がいるはず..!

会社訪問やカジュアルなランチ/飲み会などいつでも歓迎です!本気でメルカリに興味がある方は、会社訪問の機会と、相談に本気で乗ります。直接の知り合いではない方も、TwitterのDMやブログに公開しているメールアドレス宛に気軽にコンタクト下さい。

割り勘アプリ「ペイモ」を本格的に使い始めたので徹底考察!シェアハウス代や飲み会幹事よくやる人には便利です。

木村新司さん率いるAnyPay社の新サービスペイモ (PAYMO) を本格的に活用し始めました。木村さんは2011年からLabitのエンジェル投資家でもあり(最近も毎週ミーティングに付き合ってもらってます)、Gunosy社への最初の大型投資を行った元共同経営者でこの業界ではすっかり有名人ですよね。

僕は3年前から渋谷区内でシェアハウスをしていて、自分がまとめて支払った後に、同居の2人からは5万円ずつ毎月現金でもらっていました。今後はPAYMOを使って請求することに。最近は、IT・Web業界にいる友達との飲みがあったときや、先週の福岡出張時にもランチや夜2次会の会計は誰か1人がまとめて支払って、あとでPAYMOで支払う/受け取るようにしました。

最近は、IT業界の方はよく使うようになってきているようです。この手のサービスは、2011年6月に始まったLINEのように、周囲の人が5人のうち3人以上が使い始めると、自分も使わざるを得ない状況になっていくと思うので、とても良く設計されていると思います。特に、小さなコミュニティで影響力を持つ幹事さんが便利さを知ると、「PAYMOを使ってみよー!」「便利だから今後も使おう」と、10人単位で一気に増やすこともあり得るので、どっかでティッピングポイントを迎えるとLINEのように加速したグロースが待っていると思います。僕もすでに社内や友達など、20人くらいを招待しました。

(招待機能もあって、招待コードを使うとお互いに500ポイントもらえるキャンペーンが開催されています。僕のペイモの招待コードは PUDPPHP です。よかったら登録時に使ってください。)

ペイモの使い方/活用方法

できることシンプルで、主に2つに分かれると思います。

  • 飲み会など幹事として自分がまとめて支払って、あとで参加者それぞれのIDに請求を送る
  • 送られてきた請求に応じて、支払うを行う (クレジットカード決済)

決済手数料は無料です。たとえば僕はシェアハウス代を満額まとめて一度払っている立場なので、最初に決めた一人あたりの金額を、他の2人のIDに対して請求しています。アプリを実際に使ってみたフローはこんな感じです。

請求するときの使い方

ユーザー登録後の起動画面

 

請求リクエストの作成画面(1人あたりの請求額を設定)

 

請求リクエストを誰に送るか? ユーザーアイコンで選択

LINEでURL経由や、QRコード読み取りでも請求できます。

こんな感じで、請求を完了したあとは、相手側のアプリに
支払いリクエストが届きます。

支払う側の画面では、金額や内容を確認して、
クレジットカードから決済。とくに手数料はかかりません。

3月末までキャンペーンで、支払った金額の5%がポイントとしてキャッシュバックされます。
今回僕は、5万円のシェアハウス代を請求したので、2500ポイントもバックされてお得ですね。そのポイントは支払い時に1ポイント=1円として使えるので、2500ポイントあれば、ちょっとした飲み会の1回あたり無料じゃないですか。木村さん、そんなお得なキャンペーンやって、ほんと太っ腹ですね。

 

無事に請求リクエストが受理されて、相手が支払ってくれたら↑の画面のように履歴として残ります。

 

どうやって「お金」として受け取るのか?

フリマアプリと同様に、銀行口座を設定して、振込依頼をすることで実際の現金になります。ペイモを「支払う側」「請求する側」で同時に使うシチュエーションにある人は、残高をプールしておいて、そこから支払いつつ、まとまった金額になったときに振込み依頼するみたいな使い方ができると思います。

Q&Aやガイドも充実しています。

流石にシェアハウス代とか、飲み会の幹事として20人から3,000円ずつ集金したり、残高が10万円単位になってくると、毎月1回くらいは引き出し作業をしようかなって感じですね。

 

 

支払いをするときの使い方

今度は、自分が支払う側についても触れておきます。オフィスの1Fにセブンイレブンが入っているので、よく社員はコンビニに行っているのですが、昨日そういえばサンドイッチを買ってきてと頼んだあと、現金で払うのを忘れていました。もはや小銭とか持ち歩いていないので、1000円札でお釣りある?とか、この前のあれと相殺しようや、とか、結構煩わしい。飲み会やシェアハウスといった「大きなイベント」もそうだけど、コンビニでちょっと立て替えてもらった数百円とかを支払う、細かいニーズにも便利だなと感じました。

 

請求するより支払うほうがずいぶんと簡単でした。これで彼は298円がMy残高に追加されて、僕はポイントを298円分消費しました。こんな簡単な個人間決済、今まで見たこと無いゾ。

 

ペイモに関する考察

ペイモの決済手数料は無料。業界的には必ず2%とか3%かかるのが常識なので、私たちユーザーが無料で使えている分の決済手数料は、ペイモのマーケティングコストとして負担されています。決済インフラへの投資として、まず数十億以上もの赤字を前提にしたスタートアップですよね。きむしんさんのことなので、3桁億の赤字とかも余裕で先行投資するかもしれません。ペイパルも十分にグロースして世界的インフラになった現在、個人間決済には3.6%+40円の手数料が設定されています。そうなったとして、最初は「何で個人のやりとりに、ただの民間企業が手数料を取るの?馬鹿なの?」と消費者は思うでしょうが、よくよく考えると、あたりまえのように銀行の振込手数料を払っている現状(最近は安いところも増えてきたけど)、インフラになるというのは、つまりそういうことなんだと思います。常識として、あたりまえになるんですね。

世界的にみると個人間決済というと、15年前からペイパルなどがあり、最近ではAlipayやLINE PAYなど、スマホアプリで圧倒的シェアを握るインフラ系サービスがどんどん伸びてきている状況です。そんな中、一匹狼で出現したのがペイモ。僕は個人的に、アプリというのは単機能でちゃんと使い分けたい(1つのプラットフォームにあらゆることを依存したくない)タイプも持っていたりするので、決済に特化してユーザー体験に還元されていくサービスの発展は、とても期待しています。一方で、PAYMOのインフラ構想からの多角化にも、ビジネス的な興味も大いにあります。

この記事はサービス紹介にとどめたいので、あまり触れませんが、ペイモの利用規約を査読するとかなり面白いです。単なる便利な割り勘アプリではなく、割り勘という日常の体験を切り口にユーザーの間口を広げて、それがインフラとなった後に、あらゆる可能性に展開できるように設計されています。例えばフリマとか、ダウンロード販売とか、飲食店のツケ払いとか。このあたり、そのうち誰かが考察記事あげるかもしれませんが、暇だったら僕のブログでもやってみたいです。

AnyPayやペイモの設計思想(今はただの割り勘ですが、木村さんと直接話をしたり、インタビューを読んで感じること)を俯瞰して捉えたら、Uber、Airbnb、LINE、Alipay、Mercariなど人々の生活を変えた新しい世代のサービスの良い点を、本当に集約しているように感じます。インターネット時代は3回目くらいの大きなうねりに突入していますが、それはAIだという人もいれば、IoTという人もいる。僕自身は、決済とか個人のエンパワーメントという木村さんの言葉には、共感を覚えるし、多分そのほうが先にインパクトをもって訪れると思っています。AIとかIoTとかビッグワードに翻弄されているうちに、目の前にある大切な課題解決を忘れないようにしたいですね。

 

よかったらペイモ、招待コードご活用ください。

PUDPPHP

paymo (ペイモ) | わりかんを思い出に
App Store
Google Play

Older posts

© 2017 もっちブログ

Theme by Anders NorenUp ↑