grey ランブルシティのリセマラと木材石材集めの攻略アドバイス

ランブルシティはパズル要素があって攻略エッセンスが豊富な、フレンドと楽しめる街づくりゲーム。

ランブルシティ(コロプラの新作ゲーム、2015/4/10配信開始)が期待以上に面白かったので、少しプレイしてみました。白猫プロジェクト・東京カジノプロジェクトに続いての新作で、コロプラの企画力とゲーム開発の技術力が凄い!と思いました。最後のほうに、ゲーム業界とコロプラという会社についての考察を少し書いています。

最近はガチャ情報など、ランブルシティ攻略メモ(rumble-city.net) というWikiサイトを参考にしています。

友達に面白いよと薦めているので、序盤の攻略アドバイスについて、この記事でまとめてみました。

1.ランブルシティでリセマラは必要?

最近のゲームはリセマラ(リセットマラソン=チュートリアル中や配布石で引く2回〜数回のガチャで良いものが出るまでインストールを繰り返す)が、課金ができない若いゲーマーの中では定説ですが、このゲームはリセマラ要素はあるのでしょうか?

ランブルシティのリセマラの基本は、まず道路がガチャで出てきたりシュールに思えますが、モンストやパズドラ等のキャラゲームのようにレア度が低いと一切使いものにならない、というわけではないので、「ハズレ」ではなく「大当たりではなかった」という感じです。しかしながら、道路・住宅は出やすいため、リセマラ対象になると思います。他の建物も、Pickupされてる限定のものに比べたら確かに見劣りますが、序盤では十分に活躍してくれます。まだ配信開始されたばかりなので、街づくりゲームの性質上、早く始めたほうが有利なので、リセマラに時間を使うよりもさくさく進めたほうが良いかなと思います。対戦要素でこだわる場合のみ、「ゴンドラ」「水辺の協会」狙いでリセマラしても良いと思います。

grey ランブルシティのリセマラと木材石材集めの攻略アドバイス

一応、リセマラする方のためのランキングを考えてみました。

ランブルシティのリセマラランキング (2015年7月)

ガチャ入れ替えが多いため、 ランブルシティの最新リセマラランキング(外部サイト) というページを参考にしてみてください。

ランブルシティのリセマラランキング (2015年6月)

  1. 【シリーズ系】アラビアン宮殿(6/1追加、レア素材などアイテムを出すスペシャルスキルが使える) / ゴンドラ(終了):ゴンドラが歴代ダントツ1位。街立てマッチで活躍(持ち込みできる)。2マス建物で人口増(最大Lvで+6,000人)の効果範囲が広く、電気/水道のエネルギーが0。
  2. 【シリーズ系】水辺の協会(終了) / 凱旋門(終了) :コイン稼ぎの効率が上がり、レベルが上がると人口増加量のスキルがつくため中盤まで活躍する。
  3. 【一般】国立図書館/公民館:コイン稼ぎ効率/人口増加の2つのスキルを持ってる。人口4万人以降ではコイン枯渇しやすいので中盤以降大活躍。
  4. 【限定】証券取引所(スキル『買収成功確率を10%ダウン』が対戦要素で活躍)
  5. 【一般】ライブ会場、商業施設(テラスカフェ除く)、住宅、道路:ハズレ。コイン稼ぎで貯蔵量が多いため、こまめにゲームを起動できない人にはおすすめ。上方修正があれば、今後何かと重宝しするかもしれない。

レア建物の確率は感覚値で、5-6%程度くらいでしょうか。ベネチア仮面商店や証券取引所は、後述する街たてマッチの買収などで活用します。リセマラを削除法でいうと「住宅」「道路」が出たら、アンインストールしてやり直し確定、それ以外は対戦志向かどうかなどで決まってきます。最近は、最新情報までよくまとまっている(外部サイト) 参考にしています。チュートリアルは7-10分程度です。最初から課金する場合は、住宅は最終的にハイタワーにするために4回(2個☓4=8軒)必要なので重課金が必要です。

2.木材・石材の生産効率が重要!(ランブルあるある)

まずは街の人口3000人、1万人、4万8000人を目指しましょう。ここまではチュートリアルという感じで、案内どおりにやればさくさく進められる。効率よく建物を配置するためには、2マス使われる建物を道路に対して縦に配置し、その後ろの一列に公園・遊歩道を配置すると良い。

3000人前後から重要になってくるのが、木材の生産です。序盤ではコインよりも木材が足りなくなるため、他の建物のレベルアップを我慢し、まず木材工場をLv3(木材30個が必要=5時間程度で回収完了)まであげて、生産効率を高めておく。

木材も石材工場も、LvMAXまで上げるためには、レア素材や加工アイテム(椅子など、中盤以降で入手可能)が必要になるため、ここで配布で溜まっているダイヤモンドを少し消費して、無理やりLv4→Lv.MAXまで上げるのは悪くない判断です。(その他ではダイヤは使う機会があまりなく、人口1万人までは数日間、まったくの無課金プレイでも大丈夫です。)

3.特典コードを入力しよう

多くのゲームと同様、ランブルシティも事前招待コード・招待コードの入力が可能です。特典シリアルコードの入力は、メニューアイコン → 設定 → 特典コード入力 からできます。招待機能では、招待によって登録したユーザーが街の人口 1,000人 突破すると、ダイヤが20個プレゼントされます。

リセマラ用 招待コード(2015/7/15 更新)

  • 582-211-7216
  • 711-312-3376

招待コードの上限があったら、上記のいずれかで可能なものを入力してみてください。

また、おそらく2015年7月末頃までは、白猫プロジェクト・黒猫のウィズでそれぞれ特典コードを入手可能です。チュートリアルしなくてもお知らせ欄をチェックすればコードが掲載されています。ウィズとキャトらの公園がもらえます。効果は普通(人口+100)なので、実用的ではなく記念的なもの。

4.スターコインの効率的な集め方

スターコインは課金などで容易に入手できるものではない、ゲームの遊び方次第で入手できるコインです。対戦要素の「街立てマッチ」での賞品のほか、トラベルなどで効率よく稼げます。

トラベルしまくって、まず30人フォローしよう!(相互フォローだと時短ができるので、お薦め)

後述する火事のトラブルなどを発見するためには、フォローするかフォロワーが増えるかが必要です。フォローは簡単なのでまず100人どんどんフォローしてみましょう。フォロワーを増やすには、遊びに来てくれた人に「ようこそー、よかったらフォローしてってください!」とチャットで声かけるだけで結構フォローしてくれました。また、6月の最新バージョンから相互フォローのプレイヤー同士だと建築時間を短縮するお手伝い機能が実装されました。このため、ゲーム上の世界ですが、ハンドルネームで覚えられる10人くらい、仲良い人と見つけて交流できるといいかなと思います。

ゴミ拾いでコツコツ貯める(序盤のみ)

他のユーザーの街に訪問中、ゴミを拾うことができます。ゴミは、1分間に2個程度、道路上に小さく出現する。マップのビューモードを切り替えて、道路だけを見れるようにすると良い。バナナの皮は3コイン、大きなゴミは5コイン入手可能。

火事のトラブルを解決してあげる【序盤〜中盤】

100人フォローをお薦めする理由は、フォロー中のユーザーの場合、トラブル(火事など)が起こっているユーザーにアイコンが立っているので、そのとき訪問して火事を消火することで10スターコイン入手可能です。1日に4〜5回は出来る。

grey ランブルシティのリセマラと木材石材集めの攻略アドバイス

街づくりゲームに定番の天変地異。シムシティを遊んでいるユーザーにもにも親近感があるかも。

5.街立てマッチに参加する(戦略的で楽しい、ランブルシティの要素の50%!)

街立てマッチは、人口3000人を超えると参加できる4人対戦の別ゲーです。ここで参加することで得られるスターコインなどが、街の発展で必要です(土地拡張や、優秀な人口増加施設など)街立てマッチの称号と報酬

20分間・8時間の2種類があります。まず最初は20分で試してみて、その後8時間にチャレンジすると良いと思います。(リリース当時は8時間ではなく24時間でした)20分間は、けっこう集中力が必要です。

8時間は大きなマップで、があって楽しいです(が、現実時間が浪費されるので学生くらいしか遊べないんじゃないかな)。
大逆転を狙うために、相手を油断させるために序盤にあえて弱く演じたりします。

街づくりゲームなのに対戦要素と聞くと、尻込みしてしまいがちですが、
たとえ4位(最下位)でも失うものはなくスターコインなど参加賞として入手可能なので迷わず参加推奨。ただし、称号が記載街職人より上になると、順位でBPがマイナスになってきます。最上ランクの創造神になると、最大で8時間マッチで9600スターコイン(隔週で2倍キャンペーン期間中)GETできて、最初のゴミ拾いとは何だったのか、と思えてきます。

買収合戦・妨害など、ドロドロしたプレーも時々あります。知らない人とのガチ対戦ですが、ゲームだと割りきって頻繁に参加をおすすめします。街立てマッチは放置だけの人や、途中でドロップアウトする人も居るため、最低限のことをするだけでも2位−3位になれることもあります。)

grey ランブルシティのリセマラと木材石材集めの攻略アドバイス

陣営の先端に重要な建物を置くと、買収される可能性がある。一方で自分でも買収できる建物があると、気にせずどんどん買収してみると良い。

街立てマッチ(BP1,000前後まで)で勝つための攻略アドバイス

  1. 開始時は本社の周囲8マス建物がコピーされます。このとき最大Lvのアパート1つと、1マスの公園などを持ち込むとよいでしょう。 デッキシステムが新たに導入されたことにより、コスト制が採用されました。住宅(マンション)は偶数で、公園等バランスよくデッキを組みましょう。ルーレット(課金ガチャ)などで入手したスキル効果の高い建物や、LvがMAXになった建物などをあらかじめ本社周辺に配置した上で参加すると良い。住宅よりも、公園や公共施設などがお薦め。
  2. 重要な建物は、相手から一番遠い場所に配置します。街立てマッチは人口が増えるとエリアが広がり、他のプレイヤーと重なる部分が出てくる。適当に並べていると、重要な建物を相手プレイヤーに買収(エリアが広がるとコインで買収できる)されてしまう可能性がある。中でも最も重要なのは「発電所・給水所」「公園」「電話」などで、買収されないように相手プレイヤーから最も遠い位置の、四隅側に設置していくと良い。逆に相手プレイヤー沿いには普通のマンション・アパート(10万単位で多くのコインが必要)や、魅力の低い建物などを立てておくと、買収されるリスクを減らす事が可能。
  3. 道路を買収(15000コイン)されてエネルギー供給が止まった住宅は、買収価格が4分の1くらいになるため、気をつけましょう。
  4. 最後の1分〜5分間が重要で油断厳禁です。交差点にあたる部分などの「道路」買収により、道路を通しての電気・水道の供給がストップして住人を一気に減らされたりします。3分前に買収を仕掛け、買収完了後すぐに倉庫にしまったり、ネオ風力発電所などに置き換えられます。相手がまた道路を設置したら意味がないので、終了間際の数秒間の上級者向けテクニックですが、プレースタイルとしては嫌われやすいです(僕は余りやらず、端っこで自分の人口増加をコツコツやってます。)買収対策/ネオ風力発電所などを置かれないために、自分の陣営では、重要な交差点や道路を、なるべく相手プレイヤー側に配置しない/道路を2重または3重で配置しておくことが必須です。
grey ランブルシティのリセマラと木材石材集めの攻略アドバイス

街立てマッチでは、「桃鉄」のように時々ランダム要素で、誰かの所持コインが0になったり、建物が他のプレイヤーのものになったりする。この辺りのゲームバランスも、初心者が逆転のチャンスを狙えて面白い。「お肉屋さんが爆発しました。」というのはシュールで笑った。

6.人口48,000人・人口20万人を目指す!

人口4万8000人になると、鉄材工場という新しい生産が可能です。また20万人からガラス工場が作れて、フェンスや照明(ランプ)などが生成可能なほか、すべての施設をレベル最大まで出来るようになります。。この2回の大きな目標地点までの過程では、無課金だとそれぞれ1ヶ月ずつかかると思います。マンションにレベル上げして公園などとの配置のパズル要素が大事になってきます。ここは自身で悩みながらプレイしてみるのが醍醐味。住宅は、アパートまで増築・Lvアップさせた上で、道路に対して縦に配置。後ろに公園を並べるというのが、住人を増やす建物の基本の配置方法。また図書館や市庁舎などの公共施設は、レベル上げの上限が多く、範囲が広いのが特徴です。(街たてマッチには持ち込まれません)

ちなみに現時点では人口93万人までの施設情報がわかっているようで、20万人以降も楽しめる要素があります。またマップそのものが追加されるといった噂も聞きます。

7.チャット、フレンド交流を楽しんでみよう

grey ランブルシティのリセマラと木材石材集めの攻略アドバイス

チャットのフォントもかわいくて和む。

もし学校/会社のリアルな友達やネット上でのフレンドがいれば、お互いの街に遊びに行ったりしてチャットが可能。オンライン状態が可視化されるので、友達がオンラインのときは街に遊びに行ってチャットしてみると楽しめます。なんとなく昔のゲームの懐かしさを感じさせられる。

リリース後のアップデートで、猫探しイベントでのレア素材入手や、相互フォローの状態でおんらいだと時間短縮を手伝える機能などが追加されています。

ランブルシティ、東京カジノプロジェクトの
技術的な完成度の高さについて

IT業界・ゲーム業界の歴史がまた一つ刻まれるかもしれません。ネット業界の方は、この2作品はぜひプレイしてみてください。

東京カジノプロジェクトよりも、ランブルシティのほうが万人受けしそうですが、両ゲームともネットワークと常に同期しながらシミュレーションしていく、スマホで体験できる一番新しい、新鮮なゲームでした。

ランブルシティは、絵のテイストや、道路が右側通行のことを考えると、海外市場を狙って企画されているのではと思います。またガチャは比較的ら「楽しめる課金」要素かなと思います。僕も3000円分だけ課金してみました。(ガチャで道路が出るとかシュールですが…笑)4月14日午前でのコロプラの株価は2,550円台/時価総額3180億円 ですが、市場がまだこのゲームのポテンシャルを評価しきれていないと、個人的には推測しています。PERは18倍ですが、1年後に北米・欧州・アジアでの課金ランキング中位圏内に入り、海外でヒットすると収益構造が変わって利益が倍増する可能性もあるので、来年度の決算内容が楽しみです。

昨年からの白猫プロジェクト(VR含む)と、この2作品を見て、コロプラのゲーム開発の技術力の高さに圧倒されました。今やモンストやパズドラが話題のこの業界ですが、それでも2Dゲームの域にあって、今ではIP活用のグッズ発売や水平展開など、ゲームそのものよりも運営・マーケティング重視になってきています。2012〜2014年に流行った2Dフルネイティブリッチゲームが、ゲーム性や企画の面白さ・新鮮さによるところがヒットの要因だとすると、3Dゲーム黎明期にこのクオリティのゲームを1年間で3本もリリースしているコロプラは、数年以内でスマホ時代における国内最大のゲームデベロッパーになるんじゃないかと期待してます。副社長の千葉さんは、SFCの僕の先輩にあたるのですが、何度かお会いして「他のゲーム会社はWebサービスなど多角化してますがコロプラはどうなんですか?」と質問したら、「うちは(今現在の経営方針では)ゲームに集中して、とにかく面白いゲームを考えて作り続ける会社だよ!」というお言葉が印象的でした。

参考サイト: rumble-city.net
Author: @mocchicc

follow us in feedly