もっちブログ

鶴田浩之の個人ブログ | since 2005

Tag: 登山

北アルプス・穂高岳、涸沢で「10年に1度の紅葉」を見てきた。(上高地〜横尾〜涸沢ヒュッテ〜穂高岳山荘〜奥穂高岳〜前穂高岳〜岳沢〜上高地トレッキング記録)

台風が2つか3つ過ぎ去り、季節は秋になっていました。 10月5日〜6日、北アルプス・奥穂高岳(標高3190m)に登ってきました。富士山、北岳に続く日本で3番目に高い山。ルート途中にある涸沢カールでは、「10年に1度の紅葉」という噂通りの、完璧な晴天のもとの絶景を目撃することができました。 日本にこんな場所があることに、僕は嬉しく思っています。 新宿発の夜行バスで約6時間、今回の登山口である上高地に到着。朝5時半。すでに標高は1500メートル。空気が冷たく、澄んでいます。多くの登山客が早朝から準備をはじめて、涸沢や奥穂高、槍ヶ岳など目指して出発します。 歩き始めて10分、いきなり虹が迎えてくれました。 川の向こう岸には、それが存在している。虹は、触れられるだろうか。 参考記事: 八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳)三連峰縦走(2012/8/7〜8)http://www.mocchiblog.com/?p=8309 高校時代からの友人で、Labit社の一員でもある @TakatoshiMaeda も。今回は3人です。 最初の3時間は、梓川を川沿いに歩いていきます。





横尾〜涸沢へのルートでは、「10年に1度」の紅葉を見ることができました。 iPhone 5のパノラマ撮影機能を使って、この紅葉を撮りました。 画像クリックで拡大(パノラマ写真) 歩き始めて6時間、涸沢ヒュッテに到着。ここでランチを取ります。 6時間も歩き続けたのに、まだお昼の12時。 おでんにしました。 涸沢ヒュッテから、北穂高岳方面を望む。最高のロケーションです。しかも晴天。 涸沢から穂高岳山荘は、ザイテングラート(馬の背骨)と呼ばれる岩山を登るパノラマコースです。コースタイム通り3時間かかりましたが、初日で最も厳しいルートとなり、体感的には4〜5時間歩いたような気分です。紅葉のなかの山歩きから一転、ザイテングラートは岩登り、崖登りです。危険なルートで、クサリ場も越えてゆきます。昨年この場所では、おじいちゃんと孫が滑落して亡くなる悲しい事故もありました。 歩いてきた道を振り返ると、こういう景色。素晴らしかった。 画像クリックで拡大(パノラマ写真) 上高地から歩き続けて9時間、15時半頃に穂高岳山荘に到着! 山小屋は暖かく、本当に素敵な場所です。暖を取り、コーヒーを飲み、今日はここで一晩を過ごします。紅葉まっただ中の連休中ということもあり、山小屋は200人以上でほぼ満室でした。 僕たちは相部屋で一泊。ハイシーズンには、ひとつの布団で3人で寝たりします。 Softbankの電波は入らなかったけど、auのiPhone 5は、かろうじて電波が入るところがありました。そこからテザリングをしてTwitterに画像を投稿していたり。17時半に夕食、20時に就寝となりました。残念ながら、夜は薄い雲におおわれて、星空撮影は無理でした。 翌朝4時20分に起床し、お弁当を持って出発。3190メートルの穂高岳山頂を目指して薄暗い中、ヘッドライトの灯りを頼りに、岩山を登り始めます。 上の写真は、奥穂高〜西穂高ルートにある「ジャンダルム」(標高3,163m)。穂高岳において、最も難易度の高いルートです。2008年には救助ヘリが墜落する事故もあり、とても危険なコースです。今回は通ることはなかったですが、近い将来、制覇してみたい。 振り返ると見える「槍ヶ岳」。来年は槍ヶ岳にもチャレンジします。 気温はマイナス1度。夜明け前の出発から歩き続けて約50分、奥穂高岳(標高3190メートル)に無事に登頂! ほかの2人は3000メートル級の山に登るのは人生初らしく、感無量でした。午前6時半頃、山頂からの御来光。天候もよく、富士山も見えたのです。写真で僕が着ているジャケットは、今エベレストに登っている栗城さん(@kurikiyama)から貰ったものです。 下山は、岳沢ルートを8時間かけて。前半、吊尾根・紀美子平周辺までは、足を踏み外すと簡単に滑落死してしまうような危険な箇所が1〜2時間ほど続きます。風も強く、体感温度は氷点下でした。そんな中、ギリギリの崖や、鎖場をわたってゆきます。後半は森林のなか、体力をジワジワと蝕んでくるような長いルートを歩き続けます。岳沢小屋は3年ほど前、雪崩によって壊滅してしまったそうで、新しくなったばかりでした。 奥穂高→前穂高の縦走を考えていたのですが、今回はスケジュールの問題で断念しました。あと1時間ほど余裕があれば、ぜひ行きたかったのですが。 実は今回、僕は右膝を故障してしまって、最後のほうは激痛に耐えながら、片足を引きずりながら下山することになってしまいました。すごく痛かったし下山して3日間は殆ど歩けず。。休憩をこまめに取りながら、14時には無事に上高地に下山することができました。下山後に見渡した山々は壮大でした。そのあとは、もちろん温泉に。17時間歩いたあとの温泉は、本当に最高です。お薦め。 10月4日 PM 23:00 新宿駅バス(さわやか信州号) 翌5日 AM 5:30 上高地着 10月5日 AM 6:15 上高地出発(登山開始) AM 9:00 横尾山荘 PM 12:00 涸沢ヒュッテ 着(ランチ休憩1時間) PM 13:00 涸沢ヒュッテ 発 PM 15:40 穂高岳山荘 着 10月6日 AM 4:20 起床 AM 5:30 出発 AM 6:30 奥穂高岳(3190m)登頂 AM 9:30 紀美子平(前穂高岳、分岐点) PM 12:00 岳沢山荘 PM 14:00 上高地(下山)

伝えたいこと

山は素晴らしい場所です。今回のような絶景に出会えるのは、年間で数日しか無いかもしれません。 天候にも恵まれて、奇跡のような2日間でした。 登山において最も大事なのは、十分な装備とコンディショニング、あとは無理のない計画です。今回、僕らは1ヶ月前から登山計画を立て始めて、経験者によるアドバイスを受けて、しっかりと装備も揃えてから登りました。 天候こそ恵まれたものの、実は僕らが下山したその日はまさに、午後から降雪があり、たった一晩で3〜5cm積もったのです。紅葉のハイシーズン・3連休のまっただ中、最も人が多いときに積雪となり、山岳警備隊の指示によって、多くの登山客が山小屋で待機せざるを得ない状況になりました。そして残念ながら、僕らが登頂・下山を果たした当日と翌日に、僕らが歩いたルートでは怪我人・死者が出てしまいました。 長野 山で救助相次ぎ1人死亡 – NHK News

長野県の山では、6日から7日にかけて、北アルプスや中央アルプスで登山客の救助が相次ぎ、61歳の男性が体調を崩して死亡したほか、これまでに合わせて8人が滑落によるけがや体調不良でヘリコプターで運ばれました。 このうち、北アルプスの涸沢岳と横尾岳をつなぐ登山道では7日、大阪・八尾市の61歳の男性が、夫婦で登山中に体調を崩して倒れ、警察のヘリコプターで病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。涸沢岳ではこのほか、埼玉県上尾市の27歳の男性と金沢市の63歳の女性が、体調不良のため自力で下山できなくなったほか、諏訪市の62歳の男性が、滑落して頭をけがしたため、それぞれ、県の防災ヘリコプターで救助されました。また、6日、前穂高岳で、名古屋市の71歳の女性が転倒して足首にけがをし、ヘリコプターで救助されました。このほか槍ヶ岳でも7日、茨城県の20代の男性が滑落して腰などを強く打つ大けがをしたほか、上高地に向け下山中の横浜市の42歳の男性が右足をけがしていずれもヘリコプターで救助されました。一方、中央アルプスの檜尾岳でも6日午後、長野県中川村の61歳の男性がかかとの骨を折って警察のヘリコプターで救助されたほか、7日午後には、京都府長岡京市の24歳の男性が体調不良を訴え、ヘリコプターで救助されました。警察は「登山にあたっては入念な準備と体調の管理に十分、注意してほしい」と呼びかけています。 

山に入るときは、しっかりと準備や計画を怠らないようにお願いします。 僕たちも、これからも十分に気をつけたいです。

[PR] アウトドアグッズなら、A&F オンラインストア

八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳)三連峰縦走レポート(2012年8月7日、8日)

[PR] アウトドアグッズなら、A&F オンラインストア

休暇を使って、夏の八ヶ岳に登ってきました。
赤岳(2899m)頂上山荘に宿泊する1泊2日、赤岳→横岳→硫黄岳の三連峰縦走コースです。

行者小屋から赤岳山頂を目指す文三郎尾根ルートでは、
まさかの急な雷雨・豪雨に見舞われて、一時身動きが取れなくなる場面も。
なんとか無事に登頂でき、予定通りの三連峰縦走を達成できました。

悩み多き時は山に行け!という編集者の桜井さんからの一声で始まった企画。

「本当に、新しい自分に出会えた」と興奮した様子で語ってくれたので、誘ってよかったです。
登山は人生のようで、時として自分を大きく成長させ、変えてくれますね。

最初の2時間は、森のなかを沢沿いに歩きます。

森林限界を超えて、山頂に続く文三郎尾根ルート。急斜面、鎖場が続きます。
残念ながらガスで景色は見えず、雨も降りだして滑りやすく大変危険でした。

足がすくむような場所もあり、ちょっとしたクライミングの技術が必要な箇所もあります。
2月にニュージーランドのクライミングジムでちょっとだけ鍛えておいてよかったです。

赤岳(2899m)山頂からの景色。雷雨が嘘のように、夕方は晴れ間もありました。

赤岳山頂山荘にお世話になりました。

夕食。17:00です。美味かった。

山小屋で出会ったTune TakeさんとMakotoさん。山頂ワインは最高でした。

赤岳山頂からの星空。20:00に消灯・就寝なので、19:45頃の撮影です。
もっと深夜に撮影したかったけど、残念ながらガスで覆われ、星空が見えたのはこのタイミングのみ。

佐久の街並みを望む。

今回のスケジュール

● 2012年8月6日(月) 曇りのち雷雨、時々晴れ

6:00 二子玉川発(中央自動車道、諏訪南IC)

9:00 美濃戸口着
10:00 美濃戸口発
(南沢ルート 2時間10分)
12:10 行者小屋 ランチ休憩
(文三郎尾根 2時間00分)
15:00 赤岳頂上山荘

【赤岳頂上山荘 泊】8500円/1泊2食付き
・18:00夕食、20:00就寝

● 2012年8月6日(月) 晴れのち曇り

4:00 起床
5:30 食事
6:50 出発
7:20 赤岳展望荘
8:30 横岳山頂
10:00 硫黄岳山荘 出発
10:30 硫黄岳山頂
12:00 赤岳鉱泉 ランチ休憩
14:30 下山(美濃戸口)

16:00 温泉で一休み
20:00 都内に帰宅
—-

持っていってよかったもの(ピックアップ)

レインジャケットや行動食などは山装備の前提として、
今回、山に持って行って活躍したものを紹介しておきます。

大容量スマートフォンバッテリー enecycle
Amazonで2,680円で買ったiPhone用のバッテリー(10000mAh、2口出力)が電源のない山で大活躍。2台のiPhoneを同時にフル充電し終わって、70%もバッテリーが残っている大容量さ。登山、フェス、旅行など電源が必要な場面で重宝します。これでエネループの半額の2680円とは安い。

「山と高原地図」のiPhoneアプリ版
必携の地図ですが、iPhoneアプリ版もよく出来ていて便利でした。移動中に手軽に確認できます。GPSで現在位置の確認もできて、素晴らしかったです。 ぜひ紙の地図にあわせて、併用をお薦めします。

まとめ

今回は雨の予報の中で、女の子しかも完全な初心者を連れての登山ということで、
登山計画はスケジュールや装備含めて、あらゆる面で慎重に行いました。

今回のコースは、夏山とはいえ足を滑らせると思いっきり滑落、怪我してしまう危険があるため、
声を掛けあいながらゆっくり登って行きました。

八ヶ岳は東京から移動含めて1泊2日で3連峰を登ることができるため、とても魅力的でした。
8月のハイシーズンですが、平日だったため山頂小屋の宿泊者は20人くらいと少なめ。

豪雨のときは、mont-bellのトレントフライヤージャケットが大活躍しました。
装備と、栄養管理の大切さを実感しています。

下界に降りて、東京の人ごみに戻ったときは、毎度のことながら強烈な違和感。
2日間は時間の流れもゆっくりと、頭がすっきりとして、研ぎ澄まされた感覚にありました。
人間は生き物として、本来あるべき場所はどこか?ということを考えさせられます。

帰りの車内では、「次はどこ行く?」っていう話で終始盛り上がり。
この2日間、皮肉にも一番つらかったのは帰宅中の中央自動車道の事故渋滞でした。

      

© 2019 もっちブログ

Theme by Anders NorenUp ↑