mocchiblog.com

鶴田浩之の個人ブログ
Labit Inc. founder / Keio Univ, Masui InterfaceTechnology Lab.
Web Application Director, Engineer(Ruby & Ruby on Rails, AngularJS.. etc), Designer and Photographer

代官山蔦屋書店のすぐ隣、意外と知られていない穴場スポット「ヒルサイドパントリー代官山」で美味しいパンをテイクアウトしてきた!

代官山にできた蔦屋書店、素敵な場所だけど、やっぱり休日は人が多すぎますよね。
そんなとき、隣にあるヒルサイドパントリー代官山で美味しいパンでもテイクアウトしてはいかがでしょうか!?

grey 代官山蔦屋書店のすぐ隣、意外と知られていない穴場スポット「ヒルサイドパントリー代官山」で美味しいパンをテイクアウトしてきた!

Continue reading

SONYの新製品カメラ「RX100M3」- 2014年のブロガーにとって最高の1台かも? 一眼並みの画質&コンパクト&F1.8の明るいレンズ最強。

SONYの「RX100M3」が発表されました。予約前提として、ファーストレビュー&シリーズ比較を本記事でまとめたいと思います。最近、知人に熱狂的なプレゼン(RX100のクチコミや評判について)を受けて以来、RX100M2を買っちゃおうかと悩んでいたところだったので、最近リークされた画像などを見てワクワクしつつ、新機種とあらば間違いなく予約しようと思っていました。発売日の5月30日には手に入れられるように、予約購入したいと思います。

grey SONYの新製品カメラ「RX100M3」  2014年のブロガーにとって最高の1台かも?  一眼並みの画質&コンパクト&F1.8の明るいレンズ最強。

RX100M3は、2014年のブロガーとって一番相性が良くて、最高なカメラになるんじゃないでしょうか。最近は、このブログもiPhone5sで撮影したレビュー記事( 例えば最近買ったIPS液晶ディスプレイのレビュー記事 など)が多かったですが、今後はRX100M3で撮影して、そのままMacbookに転送してすぐにブログ書く、といったことができそうです。WiFi搭載されたSDカード(Eye-Fiなど)も使いたかったので、ちょうど良い機会かも。

スマホと比較にならないほどの高精細・被写体深度などのスペックを見て、
1. 人物ポートレート撮影2. 料理や旅先での撮影 などに最適だと思い、購入決断。

F値を適宜調整したり、大型レンズによる解像感は、被写体が良いほどこだわりたくもの。僕は登山が趣味ですが、厳しいトレッキング時には一眼レフの巨体が邪魔になることもしばしばあります。そんなユーザーにとっては、本機種はかなり魅力的な選択肢となると思います。F1.8-2.8と十分に明るいレンズ、焦点距離も24-70mmと、スナップショットならば適切値。やはり広角は扱いやすく、アングルもすぐに決まるので、それがこれほどコンパクトな機種で実現したのは嬉しい。有機ELファインダーの初搭載も見逃せないポイントで、発色は素晴らしい。

撮影サンプル

以下、私が発売日に購入して1日目に撮影した撮影サンプルです。Photoshop等の加工は一切してません。クリックで拡大します。

撮影サンプルがすごいです。
(出典:http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX100M3/

grey SONYの新製品カメラ「RX100M3」  2014年のブロガーにとって最高の1台かも?  一眼並みの画質&コンパクト&F1.8の明るいレンズ最強。

grey SONYの新製品カメラ「RX100M3」  2014年のブロガーにとって最高の1台かも?  一眼並みの画質&コンパクト&F1.8の明るいレンズ最強。 grey SONYの新製品カメラ「RX100M3」  2014年のブロガーにとって最高の1台かも?  一眼並みの画質&コンパクト&F1.8の明るいレンズ最強。

(画像はクリックで拡大)

僕は、メイン機材としてデジタル一眼レフカメラは2009年から Canon 5D MarkII を持っていて、それを撮影の仕事の際には使っていましたが、飲食店などで大きな一眼レフをとり出す雰囲気もなく、最近は普段使い出来ず眠っていました。また、旅行に出ても「重いなー」と思いつつ、「iPhone5sがあればいいや」と、持っていかないことが多くなりました。

Continue reading

18歳〜22歳、学生がクレジットカードを作る上で知っておいて欲しいこと

学生カードに関する記事です。2015年春の新学期、新入生や新生活が始まったこの頃、大学生はクレカのニーズが高まっているのではないでしょうか。本記事は学生カードを中心に、大学生〜高校生、未成年を含む18歳〜22歳くらいの読者の方を対象として書いています。「クレジットカード」や「学生カード」と聞くと、審査や親の許可だったり、不安なことも多いはず。長い記事ですが、ゆっくり読んでいただいて、皆さんの参考になれば幸いです。

grey 18歳〜22歳、学生がクレジットカードを作る上で知っておいて欲しいこと

本記事は、学生や18歳、19歳、20歳、21歳、22歳の方でクレカ、クレジットカード(最初に持つ学生カード)を検討している人向けに記事を書きました。「ぶっちゃけ、最初に作るべきおすすめクレカは何か?」という単刀直入な質問にも、最後に触れています。学生カードの作り方が分からない、選び方(比較方法)が分からない、入会審査や、未成年でも作れるの?など質問も多く、親の説得が不安といった方の参考になれば幸いです。

長い記事ですが、最終的に筆者が18歳〜22歳向けにお薦めしているカードは「三井住友デビュープラスカード」です。ぜひご検討ください。

grey 18歳〜22歳、学生がクレジットカードを作る上で知っておいて欲しいこと

お金のセンスを身につけるための、
学生クレジットカードの選び方ポイント

  • 最初にどのカードを使い始めるかが重要
  • 自分のライフスタイルを紙に書きだして、自分に合ったカードを比較・検討する
  • ポイントサービスを正しく理解・活用して、年に1度マイル旅行しよう
  • 海外旅行用カード、交通カードを徹底的に使い倒す
  • カード利用明細を家計簿として活用して、金銭感覚(お金のセンス)を身につける
  • キャッシング機能や、リボ払いは基本的に使わない
  • 半年以上使っていないカードは解約して、身軽になる

Continue reading

« Older posts

© 2015 もっちブログ

Theme by Anders NorenUp ↑