mocchiblog.com

鶴田浩之の個人ブログ
Labit Inc. founder / Keio Univ, Masui InterfaceTechnology Lab.
Web Application Director, Engineer(Ruby & Ruby on Rails, AngularJS.. etc), Designer and Photographer

沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)


日本最南端の島、波照間島滞在3日目、最終日。
あの民宿たましろでの伝説の一夜を明かした、翌朝。

嵐はまだつづいていた。
雨こそ小降りになっているものの、風はまだ強い。

たましろで宿泊者たちで朝食(超大盛り)をとりながら、
テレビで今日の天気予報をチェックする。

「波の高さ2.5メートルやと船は出らんさ〜」と石垣のおっちゃん。

天気予報では2メートルとの予報。うん、グレーゾーン。

船はだいたい9時と、13時、16時の、1日3便。約1時間かかる。
自分は13時の便で、石垣島に戻る予定でいた。

果たして今日の船は無事に出てくれるのだろうか?
石垣で宿は押さえてあったけど、まあでも内心、
波照間島でもう一泊してもいいかな、っては思ってた。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

「ホントは5メートルでも行けるんだけどねー、安全を考えると2.5メートルなんやろ」
「ウォーターマウンテンに1時間のってると思えば大丈夫さ」
「昔は波照間にも飛行機あったのが楽しかったんだけどな〜」
「朝は出るかもしれんけど、午後は欠航が多いんよね、こういうとき」
「船長が船酔いして、だいたい午後は休みになるさー」

船長が船酔い(笑)
そんな感じで旅人同士で情報交換しあう。

とりあえず午前9時の便は出るみたいだから、
午後に帰る予定だった人も予定を切り上げて、宿をあとにする。

俺は、まぁ急いでないし、午後の便を待とう。そんな感じ。

10時にたましろをあとにして(なんかものすごく寂しかったです)

美波さんの宿に戻って、出発の時間まで
庭のテラス席を使わせてもらうことに。
美しい緑の中、こんな感じでマック開いて作業してた。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

俺、ここに住みたい。(笑)

しばらくすると、美波の女の子がやってきた。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

「おたまじゃくしと遊んでたの」

そう話しかけられて、ついていったら、
あ、ほんとだ、おたまじゃくし。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

おたまじゃくなんて何年ぶりに見るだろう。
一瞬でノスタルジックに包まれて、懐かしさが湧き上がってきた。

「グッピーもいるよ!」

「カエルもいたんだけどね、この前の雨でね、ぴょーーんって逃げちゃった」

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

「名前なんていうの?」

「きよみ」

「何歳?」

「7歳だよ!」

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

学校休みの日で退屈してたのか、 どんどん話してくれる。
話し相手がいることは、一人旅の俺にとってはすごく嬉しい。

「みてこれ、ヒトデ」

「きよみが浜で拾ったんだよ」

「最初青かったけど、白くなっちゃった」

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

「こっちきて」って言うから、ついていく。

いつの間にか、きよみちゃんは島の案内役。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

「これ何?」

「パッションフルーツだよ」

「おいしいの?」

「うーん・・・たぶん甘くはないかな」

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

「これ全部きよみが取ってきたんだ!」

「綺麗なサンゴだねー」

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

葉笛をしたり、やぎを見に行ったり、さとうきび畑のそばをさんぽしたり、
南十字星について話したり。

あっという間に2時間、3時間と、時間が過ぎていった。

なんか、改めて考えてみると、この時間がいちばん楽しかったかも。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

こどもに戻った気分。

7歳の見てる世界。

曇りのない世界。

南の島に住むひとたち。

本当に幸せってこんなことかな。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

13時の便は欠航。雨は降ったり止んだり。 でも16時の便は、無事に出ることになった。
別れの時間が近づいた。

きよみちゃんに「にぃにぃ帰らなくちゃ」って言うと、

「明日まで泊まって、明日まで泊まって」 って、腕にしがみついてくる・・・

・・・・そんな、ドキドキするじゃないですか ////

「明日まで泊まって、明日まで泊まって!」

「でも今日は民宿いっぱいなんでしょ?にーにー帰らなきゃー」

「また来年くるよー」

「明日まで泊まってーーー!」

「明日、また来て!」 「あしたまでとまってーーーーー!!!」

そんな感じで30分くらい駄々こねられて。 かわいいなー。
子どもにこんな好かれたのってひさしぶり。

「だって今日、もう美波の宿の部屋はあいてないんでしょ?」

「じゃあうちに泊まって!」

将来この子は、大物になりますな、笑。
さすがに押しに押されて、もう一泊しようかと思ったけど、
いろいろ考えて、やっぱり帰ろう、と決意。

旅っていうのはね、
「また来たい」って思える要素があるって大事だと思うんだ。

だから、あえて写真をとらなかったり、雨でもいいやって思えるのは、
「また来るからね」っていうことに繋がるんだ。

だから、ちょっと寂しかったけど、今日は帰ろう。
またくるからね。

美波のお母さんと、きよみちゃんに港まで送ってもらいました。
ばいばい!ありがとう!

波照間島にきて、美波とたましろに泊まって本当によかった。
東京の看護師の女の子二人や、ビーチで出会った中村さん、
美波のみなさん、たましろのおじさん、たましろで出会った皆さん、
そしてきよみちゃんと出会えて、すごく幸せな3日間でした。

また絶対いく、波照間島!

ちなみに夕方の船は出たものの、
めっちゃ揺れて気持ち悪くて死にそうでした。

おわり!

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

最後に、お気に入りの1枚。

grey 沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)石垣島のオススメツアー

沖縄、波照間島に行ってきた(1日目)
沖縄、波照間島に行ってきた(2日目)
・沖縄、波照間島に行ってきた(3日目・最終日)

follow us in feedly

Comment

7 Comments

  1. 素敵だなあ♪いつも楽しみに読んでいます。このお話好きだなあ。また沖縄行きたいな。

    「沖縄ってさあ、何でもデカでしょう。なんか月もデカい気がすんだよなあ」

    まさか月はデカくならないけど。笑 気持ち分かるなあって思いながら夜の海を見ていたなあ。

  2. 素敵です。感動しました。
    沖縄の島巡って、その土地の暮らしにふれることが私の夢です。さらに夢ふくらみました

  3. 故郷が懐かしくなってこのブログを覗いたけど、波照間ってやっぱ良い島だったんだなぁ

  4. 来週、時間が出来たのでひとりで波照間島へ行こうかな?
    と色々検索していてこちらに辿り着きました。
    読んでいて じわっ~ときました。
    素敵な情報をありがとうございます!

  5. 只今、夏風邪引いてゴロゴロ中。
    ふと、3年前に行った波照間島が気になって検索したら、こちらを発見♪
    波照間島に姉妹で行って、とてもとても素敵な経験ができまた行けたら…と、思っていたら妊娠。子供がもう少し大きくなったら絶対にまた行くぞ!と、こちらの懐かしい風景と素敵なblogを拝見して思いました。夏風邪も吹っ飛びそう!
    このあとまた行かれたのかなぁ…?

  6. 波照間にいくのが夢です。いろいろあって乗り物がこわいのですが、どうしてもここに行きたい!!
    こちらのブログを読ませていただき、ますます行きたくなりました。
    なんだかほんわかした気分です♪
    ありがとうございました。
    行きたい!!

  7. たまたまこのサイトにたどり着き、友人の写真を見つけてとても驚きました!
    「きよみちゃん」は今、美波でご両親の手伝いを頑張っています( ´ω` )
    それにしても小さい頃のきよみちゃん、こんなにかわいかったなんて!
    今からこのブログの事を伝えて参ります(`・ω・́)
    恥ずかしがるかなw

コメントを残す

Your email address will not be published.