もっちブログ

鶴田浩之の個人ブログ。Labit Inc. founder / Engineer & Designer & Photographer / Keio Univ, Masui InterfaceTechnology Lab.

【ラダック2010】ヌブラで宇宙を見る。


その夜、僕は宇宙を見た。

これはヌブラの地上からみえた星空だ。もちろん肉眼とカメラのレンズを通した写真では幾分の差はあるかもしれないが、間違いなく、今までの人生で一番多くの星を見た。夜空の、黒い部分よりも光っている部分のほうが多かったかもしれない。電線も電柱もビルも、何も遮るもののない夜空を眺めていると、自分が宇宙にいるかのような錯覚になる。

地球はなんて素晴らしい星なんだろう。

次の日の夕方、Tenzinが「モモを作るよ!」と言って料理の支度を始めた。モモとは果物のピーチではなくて、ラダックの料理で、日本でいう「ぎょうざ」のようなものがある。

畑で取ってきたばかりのハーブを使う。マトンの臭み消しかな?

みんなで餃子の皮を作って、詰めていく。日本でも餃子パーティをやると楽しいけど、こうやってヌブラで現地の人とぎょうざを作るのは楽しかった。

いろんな形のモモが出来た。

蒸し餃子や焼き餃子が一般的だけど、ここでは油であげてくれた。サクサクした食感。

最後の日の夕方、恥ずかしがり屋で素敵な笑顔のノモレが、スカンプック村を案内してくれた。「ついてきて」と手招いてくれて、彼女を先頭に、林の抜け道や田んぼのそばを、1時間ほど散歩する。

そう、ここはトトロの世界。トトロが出てきても僕は驚かなかったかもしれない。

みんな、素敵な人たちだった。

ヌブラでの暮らしの日記は、これで最後になる。
そしてラダック、インドの旅の記録も、これが最後だ。

16回にわたるインドの日記も、最後になるとちょっと淋しい。読んでくれてありがとう。
あと1回だけ、まとめを書きます。

2010年インド・ラダックの旅の記事一覧


3 Comments

  1. ホントに宇宙だ!
    レンズは何を使用したんでしょうか。

  2. TKさん
    星空写真のレンズはシグマの12-24mmです。

  3. もっちさん
    なるほど、12-24の広角ですか〜。一般の広角レンズでも、撮る人次第でこんなに綺麗に撮れるんですね。星空は撮ったことがなかったけど、今度チャレンジしてみよう。ただこんな恐ろしいほど綺麗な夜空には出会えそうにないけど^^;
    ありがとう。

コメントを残す

Your email address will not be published.

© 2019 もっちブログ

Theme by Anders NorenUp ↑