もっちブログ

鶴田浩之の個人ブログ | since 2005

Tag: 高校

“えいごや Luz 湘南辻堂教室” の撮影

.

今秋、学習塾として初めてグッドデザイン賞を受賞したという学習施設「えいごや(湘南台店)」

SFC出身の伊藤雄吉さん(@kichisinger)が経営されています。
湘南台に住んでいる人は、あの2丁目の交差点で目にしたことがあると思います。

英語教育を軸とした学習のコンサルティング全般を扱う中で、この教室は学習環境としての空間デザインに大変こだわり抜かれています。学びの空間であり、スタジオでもあり、カフェでもある。日曜日は、NOZY COFFEE がここでカフェを展開しているそうです。

僕が扉を開けて教室に入ったとき、教室にはジャズが流れていました。まさに、話すこと、自ら積極的に向きあうことで上達する英語の学習環境として、斬新ながらもとても相応しい雰囲気がそこにありました。

今回その「えいごや」独自のコンセプトを持った学習空間が、湘南台に続き2店舗目、辻堂にも誕生しました。

えいごや Luz 湘南辻堂教室 (2010.12.3オープン)
http://www.eigoya.jp/tsujido/index.html

大型複合商業施設のオープン前日という、建物全体がせわしない雰囲気の中、今回その真新しい教室の撮影を頼まれて行ってきました。明るい教室で、天井が高く、1時間半ほどで300枚撮影し、スムーズに終えることができました。12月中にもう一度、今度は映像も含めて撮影に行くつもりです。

えいごや辻堂教室では、iPadなどを積極的に活用できる学習空間が提供されます。いわゆる黒板やホワイトボードを使った教室や、小さな個室にパーテーションで区切られた息苦しい個別指導塾とは似ても似つかない空間です。そこにあるのは、ただ机とイスの置かれた空間。でもそこには、あらゆるクリエイティビティが生まれるための工夫がなされています。

今回SNS経由で伊藤さんから撮影の依頼を受け、スケジュール調整を重ねて、ようやく今日お会いすることができました。新教室オープンという節目に撮影をお仕事として引き受けさせてもらったこともとても嬉しかったですが、何より伊藤さんの人柄にとても興味が湧いた1日でした。

えいごや、僕もぜひ活用させて頂ければと思っています。時間をかけて緻密に練られた企画設計と素晴らしい空間デザインは、人の尊厳を感じさせ、いるだけで居心地がよくなるものです。これから日本でも英語がいよいよ必要不可欠になる時代、中高校生だけでなく、社会人の方もぜひ活用されてほしいとのことでした。

これからのえいごやの発展、とても楽しみです。

【インド旅2010】準備・出発編。持ち物&服装チェックリスト

2010年8月4日〜8月20日まで、インドを旅してきました。インドは2年前17歳の時に初めて一人旅をした国で、2年ぶりです。大まかな行程として、前半にデリー・バナラシ・アーグラなどのいわゆる一般的な「インド」、後半に北インドのチベット文化が残る地域「ラダック」に行くというスケジュール。


バナラシの位置


ラダック地方の位置。中国とパキスタンの国境沿い、ジャンムーカシミール地方に属します。

今回は大学の後輩2人を連れて、3人で行ってきました。

左がアイで、右がマナミ。愛美とは2年前に「高校生平和大使の旅」のプログラムで一緒に2週間ヨーロッパを旅したことがあって、それ以来2年間全然 連絡とってなかったけど、大学で偶然同じフランス語のクラスになったときに再会した、という経緯。愛とはこの時、ほとんど初対面。

国際線はクアラルンプール乗継のマレーシア航空、国内線はジェットエアウェイズを使いました。

大まかな旅の行程

8月4日 入国、デリー泊
8月5日 デリー、夜バナラシに向けて出発
8月6日〜8日 バナラシ
8月9日 アーグラ
8月10日〜17日 ラダック地方
8月18日 デリー
8月19日 クアラルンプールで19時間の乗継待ち
8月20日帰国

旅の予算

●国際線往復(マレーシア航空)
運賃:76500円
燃油サーチャージ:24840円
税及び手数料:2540円

●デリー・レー国内線往復(ジェットエアウェイズ)
運賃(手数料込み):15500Rs(31000円)

●成田エクスプレス往復(横浜):4800円

●デリー到着日送迎 500Rs(1000円)
●デリー3泊(到着日・出国日)450Rs×3(2700円)

●換金額 23000円をルピーに換金(11500Rs)+日本から持参3500Rs(7000円)、余り1000Rs

飛行機チケット・代理店手数料など、事前にかかった費用:143,380円
食費、宿費、交通費など16日間に使った滞在費:28,000円

合計:171,380円
(出発前の買い出し、マレーシア空港で使った額などを加えると+5000円くらい)

荷物

・パスポート(インドVISA取得済み)※VISAは2週間前に茗荷谷の「インドビザ申請センター」で申請
・eチケット(国際線/国内線それぞれ1つずつ)
・現金(30000円、100ドル、3500ルピー)
・iPhone、iPad、ドコモ携帯(と充電器、コネクトケーブル等)
・デジタル一眼レフカメラ(Canon EOS 5D MarkII)バッテリー、CFカード
・レンズ(Canon 24-105mm F4Lレンズ、SIGMA12-24mm広角レンズ)
・地球の歩き方インド(ほとんど使わなかった)
・Tシャツ、下着など(それぞれ4セットくらい)
・短パン2枚
・カーディガン、ヒートテック上下1セット
・フェイスタオル1枚、スポーツタオル1枚、極薄バスタオル1枚
・洗顔セット、入浴セット+泡立ちネット
・爪切り
・ワイヤーロック
・メガネ、コンタクトレンズ(ワンデー)
・変圧器(Cタイプ2個)
・手洗い用洗剤、洗濯バサミ、洗濯用ロープ
・粉末ポカリスエット
・懐中電灯
・トイレットペーパー1ロール
・ウエットティッシュ(30枚入り)
・制汗剤スプレー、体拭くためのウエットシート
・シャボン玉セット、風船、森永キャラメル、トランプ、いわしの缶詰(食べなかった)
・文庫本2冊(村上春樹のダンス・ダンス・ダンス上下、2回読んだ)
・常備薬(バファリン、風邪薬、抗生物質、整腸剤)偏頭痛が3度ほど起きてバファリンに助けられました

服装、装備品など

サック(40リットル)
手提げ(色々いれる)
セキュリティポーチ

基本的にTシャツ1枚+短パン+サンダル+ウエストポーチの格好
ラダックの朝夕・寒いところでは、ヒートテック+カーディガンの11月下旬の格好

事前準備あれこれ、備忘録、

・iPadの「Web Offline」というアプリを使って、大量のインド情報のWebページをまるごとダウンロードしておきました。かなり役立ちました。

2010年インド・ラダックの旅の記事一覧

© 2019 もっちブログ

Theme by Anders NorenUp ↑